チーターがすごい広島県の安佐動物公園へ行ってきました。

広島県の安佐(あさ)動物公園へ行ってきました。

春休みに入ったので、広島県へ旅行へ来ています。

子どもが、地元と近県以外の動物園へ行ってみたいと言うので(何度も行ったので・・・)、旅行先でも、まずは動物園へ行ってみることにしました。

安佐動物公園は、1971年に開園し、展示動物は150種(概数1650匹)です。

動物観察順路は3.2kmで、ゆっくり見て2時間強くらいで全部回れました。

安佐動物公園で、まず驚いたのが、サバンナの肉食動物たちです。アフリカの動物のエリアが広く、この動物園の大きな目玉になっているのかもしれません。

まずは子どもの目当てのチーターを見に行きました。

二頭いたのですが、元気に歩き回っているのです。時には、坂道を小走りすることもありました。
広島県の安佐動物公園(チーター3)
今まで行った動物園にいたネコ科の猛獣(ライオンやトラ)は、だいたい寝そべっていて動いていませんでしたが・・・。ここの動物園のチーターは、元気です。

しかも、距離1mくらいのところまで近寄ることができるのです。
広島県の安佐動物公園(チーター1)

近くで見るチーターは、すごい迫力でした。

広島県の安佐動物公園(チーター2)

本物のチータを正面から見ると顔も体もほっそりとしていて、空気抵抗が少ないことがよくわかりました。

また、チーターの毛並み・尻尾の先の色の違い・表情・歩き方・筋肉の動き方など、図鑑 DVDや離れた所でしか見られない動物園で見るのとは、大違いでした。

やはり可能な限り、子どもには本物を見せてあげたほうが良いなと思いました。いくら動いているとはいえ、二次元画面の動画・DVDと本物とでは、得られる情報量が圧倒的に違いますから・・・。

さらに、ガラス張りになっているところまで、チーターが歩いて来ます。

チーターがガラスの前まで近寄ってくれました。子どもとチーターとの距離は、10cmほどでしょうか。私自身もこれほど近くで、チーターを見たのは初めてです。
広島県の安佐動物公園(チーター4)
かっこいいですね。こんなにハンサムで、しかも陸上動物の中で最速で走る生き物なんですから、子どもが好きなのもわかる気がします。

次の子どもの目当ての動物は、ヒョウでした。

ヒョウも大きめの部屋で、歩き回っていました。これまた近くで見ることができました。
広島県の安佐動物公園(ヒョウ)

ヒョウは、チーターよりもがっしりした体形でした。

子ども 「チーターよりヒョウのほうがかっこいい!」

私 「なんで?チーターが一番好きやったやん?チーターの方がかっこいいと思うけどな。」

子ども 「だって、チーター細いもん!(←細いのが弱そうに見えるらしいです)ヒョウのほうが強そうやし!」

子どもは、チーターとヒョウの体系の違いがよくわかったようです。

今までは図鑑やDVD、動物園で寝そべっている本物をよく見てきましたが、今回ほど、よく動くネコ科の猛獣を見たことはありません。子どもの記憶に2つの動物の違いが残っただろうと思います。

チーターとヒョウを見た後は、ゆっくりとすべての動物を見て回りました。

子どものお気に入りの鳥エリアも時間をかけてみて回りました。

これは、子どもが好きなハヤブサが羽を広げた瞬間です。飛ぶ直前のように見えました。
広島県の安佐動物公園(ハヤブサ)

広島県の安佐動物公園は、アフリカ系動物が好きな子どもには、特におすすめしたいと思います。

幼児~小学校低学年の子どものために、動物を模した遊具のエリアもありました。たくさんの子どもたちでにぎわっていました。

また、色々なところにベンチやテーブルがあり、動物をじっくり眺めたり、お弁当を食べたりできるようになっていました。

ライオンやカワウソへのえさやりタイムがあるなど、色々なイベントも催されていました。

最近、海外ではテロが多発しているので、しばらくは国内旅行を楽しもうと思っています。

そして、動物が大好きな子どものために、旅行先に動物園・昆虫園・植物園・鳥園などがあれば、訪れてみたいと思っています。

動物園は、どこも同じように見えますが、一つ一つの動物園ごとに特徴があって、面白いです。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!