7歳から始める上あごを広げる歯列矯正のデメリット

7歳(小2)の子どもの歯列矯正を始めようか悩んでいます。

精密検査を受けるまでは、歯列矯正をするつもりでした。今は迷っています。

夫婦ともに、矯正したいと思ったことはありません。そこまで歯並びは悪くはないと思います。歯列矯正の経験はありません。それでも、夫婦ともに顎が小さめで歯が大きいせいか、部分的にガタガタしています。

うちの子どもくらいの時期、すなわち、永久歯が生えそろう前の乳歯と永久歯の混合時期の歯列矯正(第1期治療)を行うことで、永久歯が生えそろった後の歯列矯正がスムーズになったり、場合によっては、第1期治療で終了したりすることもある、というメリットがあります。

メリットについては、色々なところに書かれてあると思います。

でも、調べたり勉強したりしているうちに、デメリットがあることがわかってきました。

ここではデメリットについて書きます。

7歳から始める上あごを広げる歯列矯正のデメリット

1.上あごだけ広げるので、かみ合わせがずれる。

考えれば当たり前なのですが、上あごの骨(上顎骨の中心はもともと割れているのでそこが開きます)を広げるので、骨の上にのっている歯も同時に動きます。

下あごの歯の位置は変わらないので、現時点でのかみ合わせは崩れることになります。

検査をした矯正歯科では、かみ合わせは第2期で整えるという説明でしたので、永久歯がすべて生えそろうまでは、かみ合わせがおかしくなる可能性があります。

ただし、通常は、顎をひろげてずれた噛み合わせでも、子どもは何とか噛んでいくものなので心配しなくていい、と説明を受けました。

大人でも完ぺきなかみ合わせで噛んでいるわけではない、とも。

本当に大丈夫なのでしょうか。今、せっかく噛み合わせがきれいなのに、それを崩してしまって・・・。

この点が不安です。

実際にやってみれば、永久歯が生えていくうちに、自然にうまく噛めるように動いていくのかもしれませんし、そうなるように顎を広げたあとに、永久歯がそろうまではブラケットなしで調整していくのかもしれません。

それでも噛み合わなかった場合に、第2期に本格的に調整していくんだろうと考えています。

2.発音しにくい

固定式の急速拡大矯正装置を口の中に入れた場合は、かなり発音しにくくなると、矯正歯科で聞きました。

子どもは適応力が高くて、装置にも慣れますので、心配いりません、と説明を受けました。

しかし、小学生は変なところがあると、すぐにからかったり、変なあだなをつけたり、それがいじめの発端になったりする場合があります。

うちの子どもの場合は、何も口に入れていなくても、発音しにくい音があるようなので、装置を入れると相当発音しづらく、つらい学校生活になるのでは、と不安です。

ただ、受け口の人の骨が固まってからの治療は、基本的に外科手術になってしまうらしく、小学校低学年で上あごを広げる時期を利用できるならしたほうが良いだろうと思います(受け口の程度にもよると思います)。

3.矯正期間が長くなる。

上あごが一番成長する時期は、6~8歳だそうです。(参考サイト

そして、永久歯がはえそろう時期というのは、14歳頃です。

すると、うちの7歳の子どもの場合は最短でも7年は通うことになります。

その後に第2期治療が始まるので、さらに2~5年も矯正することになれば、通算で9~14年くらいになるかもしれません。

あまりに長いですね・・・。

第1期は、一度顎を広げたあとは、月1回程度の通院になると聞いていますので、それほど負担はないのかもしれませんが・・・。

調整が必要な場合は、長期間にわたり、口の中に装置が入った状態になります。

第1期治療なしで、第2期治療から始めると、第2期治療が難しくなり、痛みがひどかったり、期間が長引いたりする場合もあるそうです。

ケース・バイ・ケースとしかいいようがありませんので、期間についてはやってみなければわからないんでしょう。

4.永久歯が虫歯になりやすい

口の中に、複雑な装置が入ると、食べ物がつまりやすくなります。

しかも、固定式の場合は、歯磨きの時もはずすことはできませんので、かなり歯磨きがしづらいそうです。

そのため、子どもの永久歯が虫歯になりやすくなると言われています。

保護者と子ども自身が、歯磨きと甘いモノを控えるなど、しっかりすぎるほど注意すれば、防げる問題かもしれません。

油断すると、すぐに虫歯になってしまいそうで怖いです。

今は、うちの子ども(7歳)は、虫歯が1本もなく、一般歯科へ行ったことも生まれてから一度もありません。


他にも調べてみると、上あごを広げる治療には色々なデメリットがあります。メリットがあることには、必ずデメリットもあります。

※自分で取り外し可能な床矯正装置と固定式急速拡大装置を使う治療は、似て非なるものなので、ご注意下さい。

よく調べて、親も勉強して、通院予定の歯科医師にも納得いくまで説明してもらい、その上で治療したほうが良いと思います。

歯列矯正は、数十万単位と高額な費用が必要ですし、一度矯正を始めれば長いお付き合いになると思いますので・・・。

また、子どものためにと思ってやったことが、後になって子どもを苦しめることになってしまっては、本末転倒ですから・・・。

うちももう少し考えようと思っています。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!