小学3年生の睡眠時間(これまでの睡眠時間の変動)

子どもが小学3年生になりました。

最近、子どもの最適な睡眠時間について、よく考えます。

うちの子どもは、できるだけ遅くまで起きていようとしていて、眠たいということがあまりありません。

これまで、どうだったんだろう?と自分で思い返すことにしてみました。

保育園時代

保育園の頃は、10時間以上は寝ていました。11時間や12時間の日もあったと思います。

子どもが幼児の頃は、とにかくたくさん寝かせようと思って、20時ごろには布団に入れていました。

遅くとも21時を過ぎないようにしていました。21時を過ぎるのは、年に数回程度だったと思います。生活を効率化して、子どもの睡眠時間の確保に努めていました。

私も同じ時間に眠っていました。そうしないと、一人で眠るのを怖がってなかなか寝ようとしなかったからです。

朝は、保育園の頃は、自分から起きるまで寝かせていたと思います。7時ごろには起きていた記憶があります。

小学1年生

小学1年生の頃は、まだ10時間くらい寝ていました。

起きるのは6:30頃です。小学1年生になってからは、保育園の頃よりも早く家を出る必要がありますので、6:30起床です。

小学2年生

だんだん体力がつき始めたのか、小学2年生頃から20時半になっても「全然眠くない。」と言って、寝室へ行くのを嫌がるようになりました。

それで、2年生は少し遅めの21時には寝るようにさせていましたが、やはり毎日のように「全然眠くない。」と言います。

それでも、「もう寝なさい」と寝室の布団に入れていました。

布団に入れてから、本を読んであげたり、話したりしていても、全く眠くないらしく、寝ません・・・。

スポーツをした日は、21:30~22:00には、入眠していることもあります。

一般的に10時間の睡眠が必要と言われていますので、20:30には入眠したいところです。

小学3年生(今ここ)

21時すぎに布団に入れても、起きていて布団の中で遊んでいます。お気に入りのおもちゃを持ち込んで・・・。遊ぶときの独り言が聞こえますので、わかります。

まだ起きてる~と思って、私が「もう22時やで。いくらなんでも、もう眠いやろう?」と聞いても、「眠くな~い。」とすごい体力です。

でも、朝は眠いらしく、なかなか素早く起き上がりません。

そこで、「ほら、早く寝んから眠いんやろ~。学校で眠いやろ?」と聞くと、

「全然!学校で眠くなったことない。」と言います・・・。

昨夜は、ソファーで子どもがず~っと読書をしていて、私もPCで調べものをしていました。

時計を見て、私が「あ!21:30になった!もう寝なさい」と言うと、「もうちょっと。ここまで読んだら寝る」とあと30分は読むのにかかりそうな分量のページをつまみました・・・。

「あかん、て。睡眠ちゃんと取らんと、体も脳もちゃんと成長せーへんのやで。」

「だって、全然眠くないもん。」と目をぱちくりさせます・・・。

夫に、「どう思う?眠くなるまで、読書していいと思う?」と聞くと、

「あかんやろ。たぶん僕らが寝るまで起きてると思うよ。寝かそう。」と言いました。

「はい!はい!寝る時間や!もう21時40分や。歯磨きしてさっさとねる!その本は、明日学校の休み時間にでも読めばいいやん。」

「え~~!!!今読みたいのに!もう!」

「あかん!布団に入ったら目を閉じてじ~っとしとき。眠くなるよ。」と言ってみても、ぶ~ぶ~言いながら寝室へ行きました。

「一人で眠るの怖いからお守り持っていく。」とお気に入りのおもちゃを抱えて、布団に入りました。

そして、また22:30でも起きている気配が・・・。

真っ暗は怖いというので、薄暗くしています。(蛍光灯が三段階になっていて、一番暗い明りが茶色い光です)

結局、ここ数か月は、子どもは毎日8時間前後しか眠っていないと思います。

いくら早く布団に入れても、眠らないなら(自発的に起きているなら)22:30に寝室へ行かせることと同じではないだろうか、と最近思います。入眠するまでに20~30分かかると考えても、22時まで起きていても問題ないような気がしています。

最適な睡眠時間は、大人でも人によって全く違うので、子どもも同じなんだろうと思います。

一概に小学校低学年の子どもがみんな10時間必要なわけではないんだろうと思うようになりました。

また、時期によっても、運動をたっぷりしている日かそうでない日か、などによっても違います。

うちの子どもの場合は、こんな感じで最適睡眠時間が変化しているようです。

保育園の頃:10~12時間

小学1年生の頃:10時間  → 9時間半 → 9時間

小学2年生の頃:9時間 → 8時間半 → 8時間前後(スポーツした日は、9時間前後)

小学3年生(今):8時間前後(スポーツした日は、9時間~10時間)

ここでの睡眠時間は、眠っている時間のことです。

布団に入って数秒で入眠する場合は、布団に入れた時間から起床時間を睡眠時間と考えることができます。

うちの子どもの場合は、眠るまでに時間がかかる日がありますので、子どもが完全に眠っているかを確認して、何時ごろに眠り始めたのかをだいたい把握しています。

私が一緒に寝ようとしたこともありますが、ず~っとしゃべっていて、結局1時間くらいすぐに経ってしまいます。早く寝さそうと一緒に布団に入っても、子どもは嬉しそうですが、すぐに眠れる、ということにもなりません。

最近では、スポーツがない日は、22時就寝でも良いかもしれないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事もどうぞ♪
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。