小学3年生は学力格差が開いて定着化する学年

今、この本を読んでいます。

古い本で絶版になっているので、中古で購入しました。

すべてのこどもに確かな学力を(小3年篇)

岸本裕史 部落問題研究所 1983年02月
売り上げランキング : 421080

by ヨメレバ

この本には、「小学3年生という時期は、仮性低学力児=落ちこぼれの子が、大量に生み出され、定着化する学年でもある。」と書かれています。
小学3年生は学力格差が開いて定着化する学年

また、こうも書かれています。要約しますと、

小学1年生・2年生の頃の落ちこぼれと言われる子は、ほんの三か月、ちゃんと家庭学習に取り組ませると回復します。

しかし、小学3年生で落ちこぼれてしまった子の学力回復は、相当困難です。

なぜなら、低学年のときは、親が勉強しなさい、と強く指示すればやりますが、小学3年生ともなると、落ちこぼれとみなされている子は、うんと発達してきた筋肉によって動き回りたくなり、じっと座ることができないからです。座って勉強することが苦行に感じてしまうのです。

じっと座ることができない理由は、小学1年生~小学2年生の間に、じっと座るための筋肉を発達させる練習、すなわり、家庭での勉強(宿題やおさらいなど)をあまりやってこなかかったから、とのことです。

動く筋肉(動筋)と静かに座っている筋肉(静筋)の両方をバランス良く鍛えてこなければ、動筋ばかりが発達してしまう。また、小学3年生にもなれば、精神的な自立が始まるので、親の強制力が効かなくなり、発達した動筋のせいで、動き回りたい欲求が強くなり、とても椅子に座っていられない、ということなんだと思います。

では、どうすれば良いのか?

著者は、ガミガミママになることをすすめています。どの程度のガミガミが必要か、詳細に書かれてあります。これは、小学校の先生からの視点です。

小学3年生で、口ごたえが多くなってきた子は、きまって学力が低下するそうです。小学3年生のうちに確かな学力を身に着けてもらいたい場合は、何らかの対策が必要だろうと思います。

落ちこぼれと言っても、小学3年生という学年では、まだそんなに重症ではないので、しっかり取り組めば十分に回復可能、とのことです。

この本は、小学校の先生が執筆されたものです。学年ごとに1冊ずつ、確かな学力を身に着けさせるために親がすべきことや、各学年の発達の様子などが詳細に書かれています。

古い本ですが、学力のつけ方に関しては今も昔も同じだと思いますので、とても参考になります。

小学生の子どもを育てるにあたり、大切だと思うことが細かく書かれてありますので、またご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事もどうぞ♪

コメント

  1. はぴ より:

    こんにちは!
    小2娘(一人)のママですが、
    ちょっと専門的な仕事をしていまして
    通勤1時間のパートをやっています。が。
    娘の勉強を見てあげる暇がなく、
    仕事をやめようか。どうしよう~と迷ったときに
    たどり着きました。
    私は住宅ローンがまだまだ始まったばかりです。
    私もえこどもあママさまみたいに完済していたら
    辞めてたのに・・・。いろいろぐるぐる考えがまとまりません。
    今、辞めないと学力が、取り返しがつかないことに・・・と思ったり。
    しかし、自分の生活や生きがい(大げさ?)もあり・・・。
    職場には何も不満はなく、行事のときもサクッと休めます。
    職場に不満があれば、さっさと辞めるんでしょうね。

    さっそく、岸本先生の本、中古でポチリました!
    情報、ありがとうございます。
    また、時々拝見させていただきます~。

    • ecodomoa より:

      はぴさま

      コメントありがとうございます!
      とても悩みますよね・・・。

      私もはぴさまと同じで、職場に不満はありませんでした。今思えば、様々な面で優遇されていたと思います。
      (特殊な仕事で、経験豊富な専門職を雇わない限り、私の代わりはいなかったからだと思います。)

      それでも、小学生時代の子どもに向き合える時間を大切にしたかったし、何より後悔したくないことNo.1が子育てだったので、退職にいたりました。

      子どもはすぐに大きくなりますね。
      私も退職してからもう3年目です。小学校1~2年はあっという間でしたが、やれることは全部やりました。
      なので、どんな風に育っても私の後悔はありません。
      仕事で得たスキルは、子育てでも色々役に立つのが面白いです。

      今は、学力面はもちろんのこと、子どもが好きなこと・得意なことを伸ばしてあげようと考えています。
      そのためには、子どもをよく観察して、色々なことに取り組む時間がいるので、工夫したとしても働きながらはとても難しかったと思います。
      私の場合、トライ・アンド・エラーが多いので、試行錯誤に時間がかかります。
      今でも時間が足りないくらいです・・・(笑)。

      はぴさまが、楽しく子育てできることをお祈りしています!

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。