小学3年生の子どもの読書記録

ふと、思いついたのですが、ブログに小学3年生からの子どもの読書記録をきちんと残しておこうと思います。

小学1~2年生の頃は、ノートに記録していました。しかし、すべて記録しているわけではなく、小学校や市立図書館で借りてきた本は記録の漏れがあります。

また、書店で買ったり、図書館で借りたりした本を子どもが全て読んでいるわけではなく、途中までしか読まなかった本もたくさんあります。

小学1年生~2年生で読んだ本の一部は、こちらに書きました。ほぼ時系列に並んでいると思います。

東京書籍こくご(小1上)の教科書中で紹介されている絵本6冊を全部子どもと読みました。

1日の中で本を読む時間を設定して、小1の子どもに本を読む習慣をつけました。

子どもの本を図書館で借りる時と購入する時。

子ども(小学1年生)の読書状況

小1の2学期~3学期で子どもがハマって読書するようになった本のリスト。

小学校低学年の読書「かいけつゾロリ」の次は「マジック・ツリーハウス」がおすすめ。

小学校低学年の読書「マジック・ツリーハウス」の次は、「ヒックとドラゴン」シリーズがおすすめ。特に夏休みの読書に。

小学2年生の夏休み「ハリー・ポッターと賢者の石」を読み終わりました。

小学2年生の春休み「魔女の宅急便」を1日で読みました。

マジック・ツリーハウスは、子どものお気に入りでシリーズ40冊以上を読破しましたが、最新刊が出ると購入して読んでいますし、読み返すことも多いです。

また、図鑑や生物系絵本(昆虫・鳥・恐竜などの生体を詳細に説明しているような本)も読んでいることもあります。絵や写真がメインなのですが、説明文も読んでいるようで、私にも本から仕入れた知識を得意そうに教えてくれます。

これらの図鑑や生物系絵本も読書にカウントするかは意見が分かれるところだと思いますが、一応記録していこうと思います。

さて、小学3年生の4月中に子どもが読んだ本の記録です。児童書の中で、途中までしか読んでいない本は入れていません。

・マジック・ツリーハウス 1冊


モーツァルトの魔法の笛

メアリー・ポープ・オズボーン/食野雅子 メディアファクトリー 2009年11月
売り上げランキング : 305042

by ヨメレバ

このシリーズは大好きなので、繰り返し読んでいます。


・魔女の宅急便


魔女の宅急便

角野栄子/林明子 福音館書店 1985年01月
売り上げランキング : 49151

by ヨメレバ

面白過ぎる!とのことで、1日で読んでしまいました。続編も出ていることを知り、続きを読んでいく予定です。


・びりっかすの神さま


びりっかすの神さま

岡田淳(児童文学作家) 偕成社 1988年11月
売り上げランキング : 214409

by ヨメレバ

めっちゃ、面白かった!と言っていました。岡田淳さんの物語は、相性が良さそうです。


・ブンダバー


ブンダバー

くぼしまりお/佐竹美保 ポプラ社 2001年05月
売り上げランキング : 570861

by ヨメレバ

古道具屋さんの前に捨てられていたタンスを修理したら、その中からブンダバーという男の子のネコが出てきます。タンスは実はブンダバーの家で友達です。

これも面白かった!と最後まで読みました。文字の大きさは小学2~3年生くらいにちょうど良いと思います。


・猛毒生物大図鑑


気をつけろ!猛毒生物大図鑑(1)

今泉忠明 ミネルヴァ書房 2015年07月20日
売り上げランキング : 1150593

by ヨメレバ

私はあまり見ていないのですが・・・、熱心に読んでいました。図書館で子どもが選んで借りました。

この本のおかげで、博物館へこの前いったときも毒のある生き物について、色々解説してくれました・・・・。


・みる野鳥記


フクロウのなかまたち
ワシのなかまたち
タカのなかまたち

うちの子どもは、幼児の頃から猛禽類が大好きです。最初は、ハヤブサが一番好きだったのですが、そのうち、トンビ → ワシ → タカ → 猛禽類全般と広がっていきました。

毎日「お母さんは、猛禽類の中でどれが一番好き?」という質問を繰り返しています。「じゃあ、タカ。」と答えると、「じゃあ、オオタカとハイタカとチョウゲンボウの中ならどれが好き?」とさらに詳しく聞かれます・・・・。

「細かい種類は、お母さんはわからんよ。」と言うと、子どもによる細かい説明が始まります・・・。とても覚えきれません・・・。


・タイムワープシリーズ(歴史漫画)


戦国時代のサバイバル

トリル/チーム・ガリレオ 朝日新聞出版 2016年03月25日
売り上げランキング : 24875

by ヨメレバ

このシリーズは、何かおw頑張ったご褒美に買っています。子どもが選んだ時代を買っています。とにかく大好きで、繰り返し読んでいます。


・植物図鑑


DVD付 植物

天野誠/斎木健一 講談社 2014年06月
売り上げランキング : 6764

by ヨメレバ

下校中に咲いていた花を調べようと広げました。その後広げっぱなしで、よく見ています。最近は、キノコ類がお気に入り・・・。キノコが菌類だということを知って、なぜか「汚い!」と叫んでいました。「汚くない」という説明をしておきました・・・。


・どっちが強いシリーズ(科学漫画)


どっちが強い!? カブトムシvsクワガタムシ 昆虫王、決定戦

スライウム/フィービー KADOKAWA 2017年07月13日
売り上げランキング : 46127

by ヨメレバ

このシリーズも大好き。この「カブトムシ対クワガタ」と、下の「イヌワシ対ハゲワシ」は、特に最近何度も読み返しています。

どっちが強い!? イヌワシvsハゲワシ 空の最強王者バトル

レッドコード/リセ KADOKAWA 2018年04月11日
売り上げランキング : 2767

by ヨメレバ

この猛禽類の戦いは、予約までして購入しました。

数か月おきに新しいシリーズが追加されています。
強い生物同士、戦わせたら、どちらが強いのか?!男子は特にツボにはまる可能性が高いです。

著者にはその分野に詳しい専門家が入っていますので、科学的に現時点で正しい知識・考え方を仕入れることができます。


漫画や図鑑・絵本も絵だけ読んでいるわけではなく、文字も読んでいますので、読書に入れておこうかなと思います。

漫画は、慣用句やことわざが出てくるらしく、自然に意味を理解していて驚くことがあります。

他にも読みかけの本がいくつかあります。

うちの子どもは、1冊ずつ読み切るタイプではなく、読み散らかすタイプです。それに、分野にこだわらず乱読しています。

放っておいたら、1日中何かを読んでいます。

新聞もよく読んでいます。新聞は、1日10~30分ほど読んでいます。世の中の動きを知りたい気持ちが強いようです。

新聞に毎日掲載されている小学生が作った俳句は毎日読み上げてくれるので、親子で感想を言い合っています。論語の漫画も楽しみにしています。

小学3年生から小学6年生くらいまでに、多くの活字に触れることは、語彙力アップにつながるだけでなく、知能の基礎になると考えています。

さらに本をたくさん読めるように環境を整えていきたいと思います。

うちは、一室は本部屋になっていて、そこはほとんど私の本ばかりです。

子どもの本や図鑑は、リビングと子どもの部屋の本棚に収納していますが、かなりの量なので、幼児の頃の絵本の一部は親せきや友人に差し上げました。

それでも、収納場所がない場合は、こちらを利用することもあります。↓

【自宅で箱に詰めるだけ!】ブックオフのネット宅配買取サービス
手続きが簡単なので、本の断捨離をする場合は、おすすめです。

本好きにさせられるかどうかは、親の努力にかかっているかもしれません。

子どもが勝手に本好きになってくれれば良いのですが、娯楽が多い現代で、それを待つのはリスクが高いように思いました。

だから、多くの親は、赤ちゃんの頃から読み聞かせをしたり、本を買ってあげたり、するのでしょうね。

自分で好きな本を選ぶことも大切だし、一方で、自分の子どもにちょうど良いくらいの本を選んであげると、さらに本好きになるのではないかなと思います。

これを読んでいらっしゃる方で、小学3~4年生におすすめの本があったら、ぜひ教えて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事もどうぞ♪
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。