卒園式で贈る先生へのプレゼントについて思うこと

贈り物(オレンジ箱)

昨年の秋ごろには、子供が通う保育園の一部のママたちの間で、いつの間にか卒園式で先生へプレゼントを渡そうという話になっていました。

中心で進めているママたちに、子どもの保育園お迎え時にお会いしたときに、「どうですか?」と聞かれて、「はい、かまいませんよ」と答えたのを覚えています。

有志からお金を集めて、先生へプレゼントを贈る、これだけなら良かったのですが・・・。

次に聞いたときは、プレゼント(複数)とアルバムを作るという話になっていました。
まあ、有志メンバーで作ってくれるなら、私に害はないので、ここまでは別に問題ないな~と思っていました。

しかし、なんと次に聞いたときには、「各自でそれぞれアルバムを作って、それをまとめて冊子にして先生へプレゼントとして渡す」という面倒な話になっていました。

経緯まとめ

これまでの経緯をまとめると
1.最初に聞いたとき: 有志で先生にプレゼント(既製品)を渡す
2.次に聞いたとき: 複数のプレゼント(既製品)+アルバム(中心メンバーが作る?)を渡す
3.次に聞いたとき: 複数のプレゼント+各自が手作りしたアルバムを先生の数だけ渡す
と、なっていました・・・・。

いや~、お世話になった先生に贈り物をする、ということは良いのですが、ほぼ全員共働きでとても忙しいのに、アルバムを作るって・・・。

私たちの考え方

正直なところ、迷惑だな~と思いました。

じゃあ断れば良いとも思うのですが、最初に聞いたときにOKしてしまったことがあるので、「自分への負担が増えたので、やっぱ私は辞めますね」などとは言いづらいものですね。

自分の子どもが、そのママたちのお子さんと同じ小学校へ入学する可能性が高く、今後もある程度の付き合いはあるでしょうから。社会人としてごく普通の対応は・・・このまま黙って受け入れる、ということかな~と夫とも相談しました。

「先生のために」と言って、面倒なこと(人の時間を奪うこと)を人にさせようとする人は、自分たちの自己満足を満たそうとしていると思います。

先生は、本当に喜ぶのでしょうか?
私は人にアルバムもらっても何も嬉しくないですが・・・。例えば、会社の退職日に有志からです、と各自の写真が入ったアルバムをもらったら気持ち悪いですね・・・。

私は、小学校・中学校・高校の卒業アルバム(卒アル)など、アルバムと名のつくものはすべて処分して捨ててしまいました。(これを口に出して言うと大抵は驚かれます)何も後悔していませんし、あったことすらもう記憶からなくなりかけていました。

そもそも卒アルというのは、なんのためのアルバムなんでしょうか。高価なわりに、ほとんどうつっていない。しかも自分で写真を選べない(集合写真だから当たり前ですけど)。

思い出に浸るため?あなたは1年に何度、卒アルとやらを開いて写真を眺めますか?私はいつも「今」が最大の関心毎なので、過去を振り返る時間はありません。高校卒業後しばらくの間は、卒業アルバムを持っていましたが、開いて眺めることはなく、本棚の隅でほこりをかぶっていました。

過去に戻りたいとも思いませんし、過去の学友に会いたいとも特に思いません。会いたい友人には普段から会っていますので。

自分が気に入った写真が掲載されているわけでもないのに、しかも自分以外がたくさん写ったアルバム(他のクラスの写真は特に不要)を家の中においておく必要があるのかな~と思います。場所をとりますし、他にも学校時代の写真はたくさんありますしね。

卒アルを眺める人の気持ちがよくわからないですね~。夫も同じらしく、この話で夫婦で盛りあがったことがあります。

まあ、そういう自分のアルバムに対する考え方があるため、アルバムを贈り物としてプレゼントする、という感覚が全く理解できません。最初は、モノ(既製品)を贈るということだったので同意していたのですが・・・。

一人ひとりが手作りしたその人の念がこもったもの(アルバム)を家においておくのは気持ち悪いですし(少なくとも私は)、捨てたら悪いような気がして、捨てたくても捨てられない・・、のように、先生が思わなければよいのですが・・。それこそ迷惑な話です。

また、自分の子どもの写真を人に贈ることにも抵抗があります。たとえお世話になった保育士の先生へでも、です。保育園でとった写真や保育園側で製作していただけるアルバムもあるのに、なぜ保護者側でも作ってプレゼントしなければならないのか・・?

また、保護者への負担は考えていないのか・・・?あくまで「先生のために」とすれば、人の時間を奪っても平気だと思っているのか・・・?

中心メンバーの人たちが嫌いなわけではありません。むしろ感じが良くて好感がもてる人たちです。子供が喜ぶような色々なイベントにもお声がけいただき、感謝しています。

感謝はしているんですよ・・・。でもこれは別の話なんです。

卒園式での先生への贈りもので一人ひとり(保護者が)手作りしたアルバム、というのはどうなんでしょうか・・?

親が作ることになっているので、その仕上がりは恣意的にならざるを得ません。親目線で集めた自分の子どもの写真を切り貼りして、中心メンバーに見られてもおかしくない(メンバーが納得する?)仕上りにしなければ、というストレスも嫌です。

最初に、中心メンバーから「こんな感じにしようと思います」と知人の保育士さんがもらったというアルバムを見せられました。これによって、私は暗に「このレベル・こんな雰囲気に仕上げてね♪」というプレッシャーをかけてきたな~と受け取りました。

結局のところ、保護者目線(中心メンバーママたち)で作られたアルバムになるわけです。
保護者の自己満足を先生に押し付けているように思えてなりません。

本当に価値があると思う贈り物

子どもたちが自分たちで一生懸命考えて、子どもたち自身が手作りした(親はほんの少しサポートしただけ)アルバムなら価値があると思います。でもママたちが用意したテンプレートどおりに、ママたちが子どもの写真を選んだアルバムって一体・・・。

我が家の方針

とりあえず担当分のアルバムを作りましたが、中心ママたちに賛同した人に生じる最低限の責任は果たしたかな~、と思います。
今後こういうことを進める人は、人の時間を奪わないように、贈り物をもらった人が迷惑しないように考えていただきたいと思います。

また、お世話になった先生は、年長組の担任の先生や園長先生だけではありません。

私が最も感謝している保育士さんは、子供が保育園に入ったときの担任の先生です。
本当に素晴らしい保育士さんでした。まだとても若い人ですが、保育士として完璧な人でした。その保育士さんのような人が、もっと増えてくれたらいいのにな、と思っています。

まだ在籍していらっしゃるので、卒園式の前までには(遅くとも卒園式)、深く感謝の気持ちを伝えたいと思っています。

私は個人的にその先生へ贈り物をしたいなと思います。そもそも贈り物とはそういうものではないでしょうか。誰かに言われて賛同してやるものではなく、贈りたい気持ちのある人が、個人でやったら良いものだと思います。

保育園だから、働いている人が中心なので、会社員思想が持ち込まれているのかもしれませんね。保育園のママたちが、まるで企業の社員のような動きだな~と思いましたから。

error: Content is protected !!