共働き夕飯の時短メニューにはジェノベーゼ

夫です。

調理担当としてキッチンに立つことが多い私は、日々「簡単・調理時間が短い・美味しい」の三拍子そろった料理を探しています。
ネットで調べて挑戦してみることもありますし、買い物途中で思いついて試してみることもあります。
今回紹介するのは買い物途中に思いついたものです。

それが、ジェノベーゼ

私はパスタの知識ゼロだったので知りませんでしたが、妻のアイデアで試してみることに。
我が家で作るパスタは基本的にはトマト缶を使用することが多く、その他のパスタはあまり作っていませんでした。

たまたま、スーパーのパスタコーナーにいる時に目にとまったのが、

【 Barilla ペーストジェノベーゼ 】

バリラ(Barilla) パスタペーストジェノベーゼ 190g

バリラ(Barilla) パスタペーストジェノベーゼ 190g
価格:422円(税込、送料別)★楽天市場(世界の食材市場ニッショク


調理は簡単、茹でたパスタに和えるだけ。
パスタの茹で時間と和える時間が調理時間です。
Barilla ペーストジェノベーゼ
サイドメニューのない食事であれば、パスタを茹でるお湯を沸かす時間からカウントしても30分以内に食べられます。
時間の無い時や、時間を短縮したい時の料理として是非頭に入れておきたい料理です。

肝心なお味の方はといいますと、これが結構美味しい。チーズが入っていることもあって、まったりした食感と風味があり、程良くしょっぱくて食べやすい味です。
ちょっとクセになるという感じでしょうか。

私は結構好きですね。子供も気に入って食べています。

そして今回、余っていた食材で衝撃的な変化を感じることができましたので、ついでに紹介しておきます。

それはレモンです。
買っておいたレモンが余っていたので、妻が「これ入れたら美味しいかも」と言って自分のパスタに絞りかけました。
レモン(ジェノベーゼ用)
私はちょっと懐疑的だったのでレモンなしで食べていました。
ところが途中からレモンが気になってきました。
まずは試してから判断したい性格なので、試してみたくなったのです。そして残しておいたパスタにかけて食べてみました。

これはっ! 

凄い発見でした。普通に食べるよりも爽やかな、軽やかな味になってとても食べやすい味になっています。
まったりした感じはそのままなのですが、サッパリ感とまったり感、そしてしょっぱさが相まって絶妙な味になっていると感じました。

この食べ方は凄い発見で、是非お薦めしたいです。
ペーストジェノベーゼをパスタに絡めた
たまには市販品で時間短縮メニューにしてもいいと思うのです。

我が家は普段、市販品をそのまま食べることをしていません。
「食の安全」に対する安心感が揺らいでいる部分が大きいのですが、工場で作られる製品をいまいち信用できない部分があります。何がどのくらい、どんな状態で入っているのかもわかりませんし、どんな場所で作られているかも知りません。

ですから市販品だけを頻繁に食べることはしたくないのですが、たまにはこういう料理もアリかな、と思います。

 

error: Content is protected !!