共働き家庭の男料理(献立に困ったら、野菜炒め)

一週間の献立を考える時、
メインとなる料理の具材で考えることがあります。

魚 → 鶏 → 豚 → 魚 → 牛 → ・・・・

こんな感じです。
具材を決めたら何を作るかを考える。

いつもやっていることではないのですが、
料理が浮かばない時や繰り返しに飽きた時、
献立の考えるアプローチを変えるためにやります。

それでも「これっ」という料理が浮かばない時があります。

そんな時に登場するのが「野菜炒め」です。
野菜炒め(共働きの夕食)

基本的には玉ねぎやニンジンは常備してありますし、
キャベツや白菜もこの既設はよく使用するため、
余っている野菜を放り込むだけでできてしまいます。

野菜炒めを登場させる週はピーマンも購入しておきます。

そして何より、
冷蔵庫の中にある使えそうな野菜はとにかく切って炒める。

雑な料理に聞こえますが、
野菜炒めは野菜の種類が豊富な方がおいしいと思います。

その野菜炒めに今回使用したお肉は牛。
小間切れ肉を購入していたので投入。
見た目に若干少なそうに見えたので、
ささみも一本投入。

とにかく使えそうで、今週余りそうな具はどんどん使います。

すると、ボリュームは稼げますし、
味もちょっと複雑になりますから、
味付けもシンプルでも美味しく食べられます。

私の場合、塩とオイスターソースのみ。

それもちょっと薄めに味付けしています。
パンチのある味にはならないのですが、
味が濃いと飽きてしまってたくさん食べられないですから。

そして私のこだわり、「具たくさん味噌汁」も食べます。

これで野菜はたっぷり食べられます。

献立に困ったら是非試してもらいたいと思います。

文:おにぎりん

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!