共働きについて思うこと

スポンサーリンク
働き方は変えられる

もう一度フルタイムで働くなら子どもが高校生になってから。

子どもの小学校入学に合わせて、フルタイム会社員を退職してのは1年半前。 今、子どもは小学2年生になっています。 現在は、自宅で仕事をしているので、自分の収入があります。 退職して、もう一度どこかの企業で働きたいか?...
働き方は変えられる

フルタイム会社員を退職して1年6か月目の心境

フルタイムの会社員を退職してもうすぐ1年6か月になります。 現在の心境を記録しておきます。 会社員をやめてからは、育児中心の生活をしています。 今のところ、再就職したいという気持ちはありません。 体調がとても良く、子...
働き方は変えられる

仕事を辞めたんですか?と聞かれて思ったこと。

先日、近所に住む女性と偶然日中にお会いした時に、「仕事は辞められたのですか?」と突然聞かれました。 平日の日中に外を歩いていたからでしょう。 その女性のお子さんは、私の子どもが卒園まで通っていた保育園とおなじ保育園に通っています...
働き方は変えられる

子どもが保育園の時に外で働いて、小学生時代は自宅で働く生き方について

大学院を卒業してから、産休・育休以外は、ずっと専門職として働いていました。働いていた期間は、10年を軽く超えています。 そして、子どもが小学校入学を期に退職しました。 退職してから、もうすぐ1年が経とうとしています。 子どもは...
働き方は変えられる

死に際に、どれくらいの人が「もっと仕事をして過ごしたかった」と思うのでしょうか。

家庭は大切だけど、仕事も大切です。 私は、会社を退職するまで、その両方を何とかこなそうとして、葛藤しながら生活していました。 今は「家庭」という言葉は、仕事と天秤にかけるには、あまりにも軽すぎると思っています。 単なる「家...
共働きについて思うこと

貯金をするコツは、自分の幸せの基準を明確にすること。

「物質的な豊かさ」が幸せの基準になっていると、必要以上にたくさんお金を稼がないと生活できないという恐怖からなかなか抜け出せません。 ・服・靴・バッグ・帽子・アクセサリー ・不動産(マンションや戸建て住宅) ・自家用車、バイ...
働き方は変えられる

フルタイム共働き時代はいつも「もっと頑張らないと」と思っていました。

私は、団塊世代の子ども世代です。 人口が多く、大学受験は、今よりずっと過酷な受験戦争と言われていました。 そして、大学や大学院を卒業する頃は、就職氷河期。 仕事を始めて数年後のリーマンショックと経済不況。 リストラの嵐で、一流企...
共働きについて思うこと

貴重な小1の夏休みを子どもと過ごして退職して良かったと思う毎日

そういえば、フルタイムで働いていたときに、小学校へ入学後に心配だったことの1つが夏休み・冬休み・春休みの長期休みでした。 現在、退職して在宅で働いているといっても、仕事量をセーブして、かなり自由度が高い生活をしています。 子ども(小1)の夏休みも残り少なくなってきましたが、退職して良かったな~と思います。
働き方は変えられる

小学校入学を期に正社員を辞めて良かったことを改めて考えてみた(小1の6月)。

小1の子どもがいます。 小学校入学を期に、正社員を辞めるまでは、大学院を卒業してから、フルタイムで働いてきました。 私と同じような女性は、世の中にたくさんいると思いますが、高学歴で、サラリーマンの平均年収を上回る専門職(法人の従業員)でした(今も、在宅で少し仕事してますが)。
共働きについて思うこと

子どもの小学校入学を期に退職して3か月目の心境

今日もこちらは快晴です。子どもが小学校へ入学して3か月目に入りました。 2016年3月末に退職してから、自分の心境を毎月ブログに記録しています。 3か月になっても、退職して良かったと思います。後悔は全くありません。 良かった点は、あり過ぎるのですが、今日は、例えば、
働き方は変えられる

退職して2か月目の状況と心境

3月末に会社員を退職してから、GWが過ぎて、気づいたら2か月目になっていました。 もうすぐ梅雨がきて、夏休みが来たら、お盆が過ぎて気持ち良い季節になり、行楽日和だね~なんて言っていたら、冬が来て、クリスマスになって、1年が終わって、お正月。年を取るほど、時間が経つのが早いな~と思います。朱熹の「偶成」という詩があります
働き方は変えられる

小学校入学を期に母としての生き方を軌道修正できて良かった。

小学校に入学する子どもに合わせて、仕事(正社員)を辞めました。 現在、在宅で仕事をしています。 子供が小学生の今は、こういう生き方が私にはとても合っています。 大学院を卒業したばかりの新社会人→独身でひたすら働く→結婚して仕事(そのままフルタイム共働き)→妊娠して仕事(そのままフルタイム共働き)→
働き方は変えられる

小学校入学を期に退職した今の生活は幸せです

私が正社員を退職して3週間以上が経過しました。 こんな生活をしてもいいのかな、というくらい幸せな時間の使い方をしています。 昨晩の夫婦の会話です。 私 「こんな生活してていいんかな。贅沢すぎるな~。幸せすぎて、あとで不幸にならんか心配やわ。」 夫「
共働きについて思うこと

小学1年生の放課後から就寝までのタイムスケジュール

習い事がなく、晴れの日は、16:00~16:30には学童へお迎えに行きます。 夕飯は、17:45~18:00には食べ始めています。 遅くとも18:15には食べています。 18:30までの習い事が平日に1つだけあるのですが、その日は帰宅した18:40には食べ始めます。その日は習い事へ連れて行く前に、夕食の準備をしておきます。
共働きについて思うこと

小学1年生4月の帰宅後の過ごし方

先日は、習い事があったので、いつもより早めの15時ごろに学童へお迎えへ行きました。 母子で、途中で道草をしながら帰りました。 最近は、つつじが綺麗に咲いていますね。 つつじの植え込みのそばに落ちていたつつじの花があったので、 母 「これ、色水作れるよ」 こども 「やりたい!!」と言うので、 落ちていたつつじの花を
働き方は変えられる

小学校入学を期に退職して良かったこと悪かったこと

子どもの小学校入学式が終わりました。 会社(フルタイム正社員)を退職後まだ1週間ですが、とにかく辞めて良かった、という一言につきます。 退職していなかったら、いつも「辞めれば良かった・・・」と後悔していただろうと思います。
共働きについて思うこと

5年間の保育園生活が終了して思うこと

先日は、私の今の会社での最終出勤日であり、子どもの保育園への最終登園日でもありました。 その夜は、夫婦と子どもの3人で、ビールで乾杯しました。 子どもも一緒に「乾杯!」をやりたいというので、いつも麦茶で参加しています。 せっかくの機会なので、少し振り返って思ったことを書きとめておきます。
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました