理科一覧

夏休みに楽しめる生卵の殻を溶かして透明卵を作る実験(家でできます)

夏休みで時間に余裕があるので、家の中でできる実験を親子でやって楽しんでします。 先日は、卵の殻を酢で溶かして、薄い膜で包まれた不思議な卵(生卵)を作る実験をしてみました。 卵と酢だけしか使わないので、幼児~小学校低学年でも安全に行える実験だと思います♪ 準備するもの 1.生卵 1個 2.酢 350mlくらい(たっぷりめに) 3.ガラスの容器(卵がすっぽりと入る大きさ)

鉢植えで育てているひまわりの元気がなくなって、翌日復活した話。

朝顔のほかに、現在ひまわりも育てています。 土に直接植えたいところですが、住宅事情で難しく、鉢植えで育てることにしました。 6月に10個くらいの種をまいて、芽が出たのが4つ。そのうち3つは、カラス?が双葉を食べてしまったようで、芽が出た翌日には双葉だけがなくなり、茎だけ残るという事件が起こりました。

子どもは、雨の日に自然の中で遊ぶのが楽しい

空気がじめじめとして、雨が降る日が続いています。 こんな梅雨時でも、我が家では、週末は子どもを連れて、自然の多い所へでかけています♪ 自然体験は、晴れの日だけでなく、雨の日でも、自然が多い所は、子どもはとっても喜びます。 長靴・レインコート・傘・着替え(パンツも)を持って、レッツゴー!

子どもが喫茶店で理科(物理・化学)を学べる方法。

小学1年生くらいになれば、喫茶店に入って、注文したものがくるまで、大人しく座っておくことができるようになります。 喫茶店は、カウンター席をおすすめします。料理は理科そのものですから。特に、昔の理科(昔の1分野→物理・化学)を学ぶには、コーヒーサイフォンがある店がおすすめです。これは、まさに理科の実験を目の前でやっているのと同じことだからです。

星が見たいという子どもと観測所へ行ってきました。

5月末ごろに、子どもが「星が見たいな~」と時々言うようになりました。 今住んでいる所は、都会なので、住宅の照明・看板や街灯の照明で、夜が明るく、光害があるので、子どもが起きている時間には、星はなかなか見えません。 そこで、大きな天体望遠鏡がある観測所へ行ってみることにしました。

error: Content is protected !!