算数

スポンサーリンク
児童書

ちょっと大人びてきた小学3年生(男子)

最近、子どもの精神面の成長をよく感じるようになりました。 以前は、私に間違いを指摘されることが嫌で、泣いたりわめいたりして癇癪をおこしていました。 例えば、自分ができた!と思った問題の答えが間違っていた場合、×や✔(チェ...
理科

小学2年生春休みの過ごし方

こちらの小学校では今週末から春休みに入りました。小学生になって2回目の春休みです。 もう桜が咲いています。ウグイスも鳴いていました。 ホーーーーーーーーーーー・・・ホケキョ!と「ホーー」がいやに長くて、練習中なのかな?と...
働き方は変えられる

会社員を退職してもうすぐ2年になります。

小学2年生の子どもがいます。もうすぐ小学3年生になります。 私は、大学院を卒業後、長い間フルタイムで仕事をしていましたが、子どもの小学校入学に合わせて、退職しました。 今は、子育て最優先の生活ですが、自宅で少し仕事をしています。...
国語

小学2年生の2学期の通知表

毎日寒いですね。小学2年生の3学期が始まってから、もうすぐ1か月が経過します。 子どもの小学2年生の2学期の通知表のことを書いておきます。 現在、子どもの小学校では、小学1年生と小学2年生の通知表は3段階評価となっていま...
国語

保育園から小学2年生(進行中)までの家庭学習の内容

子どもの家庭学習について、これまでのことと、今考えていることを書いておきます。 保育園時代 子どもが保育園に通っている頃は、毎日健康的に過ごせるように、気を使ってきました。 それでも、男の子だからかもしれませんが、保育園の...
理科

小学1年生(新小2)の春休みの過ごし方

短い春休みが終わりました。 さあ、小学校2年生の始まりです! 子どもは、新学年・新学期にワクワクしていて、テンションが高く、お調子者に磨きがかかり、こちらも一緒にいて楽しくなっています。 うちの子どもの春休みの過ごし方につ...
算数

賢くなる子どもは、面白がって頭を使ううちに賢くなる。

絶対に教えないでください! と表紙をめくると、最初に書いてあります。 子どもが、保育園(年中)の頃に取り組み始めたパズルの入門編が2年3か月ほどかけて終わりました。長くかかりました~(笑)。 宮本算数教室の教材...
算数

算数ができる子とできない子の差とは?

最近購入した面白い算数教材があります。 これは、12面体サイコロ3個と20面体サイコロ2個(サイコロン)です。 暗算・算数に遊びながら強くなるびっくりサイコロ学習法 楽天市場で見る ...
算数

子ども(小学校低学年)の計算間違いを防ぐ方法

算数のプリントやテストで計算間違いをすることがあります。 驚くことに、一問とばしていることも・・・! 例えば、10問あったら、最後の1問をやらずに(白紙)提出しているとか・・・。 私の小学1年生がどうだったかを実母に聞いて...
理科

科学館が本格的に楽しめる年齢は小学1年生から。

市立科学館が近いので、子どもが幼い頃からよく訪れていました。 初めて行ったのは、1歳頃だったような・・・。 さすがに1歳では、早すぎましたね・・・。走り回るだけで終わりました・・。 と思いながらも、保育園の頃にも、...
算数

小1の7月に受験した算数検定11級に合格

小1の子どもが、7月に受けた算数検定11級に合格しました。 受験者の約9割が合格しますので、そんなに難しい検定試験ではないですが、こどもの算数へのモチベーションが高まったらしく、受験して良かったと思います。 これは、先日届いた合格証...
子どもの遊び

小学校低学年では図形センスを訓練できるパズルで遊ぼう

夏休みなので、いろいろな取り組みを考えて、日々子どもと楽しんでいます。 最近、子供が自発的に取り組んでいる図形パズルをご紹介します。 WOODY STYLE ラッキーパズル ハナヤマ 売り上げランキング : ...
子どもの遊び

小2算数の水のかさの単位「LとmL」を体感する遊び

体積の単位である「LやmL」は小学校2年生の算数で初めて習います。 でも、LやmLの表示は、ペットボトルや調味料などの表示によく使われていますし、会話でもよく使います。例えば、「今日もっていく水筒は、350にする?500にする?体育あるから、両方持っていく?」など。 LやmLは、算数で習いますが、生活に必要な単位なので
子どもの遊び

子ども(小1)がルービックキューブ2×2×2を6面そろえました。

先日、注文していたルービックキューブの2×2×2が届きました。小学校から帰宅した息子(小1)が、発見して興奮していました。 子ども 「あ~!!!!2×2や!」 早速、カチャカチャとやって、すぐに一面をそろえました。 5分後くらいには、自分でタイマーを測り始めて、「12秒でできた!」とか「6秒!」とか叫んでいました。
子育ての本

人気講師が教える理系脳のつくり方

先ほど、人気講師が教える理系脳のつくり方 (文春新書)を読み終わりましたので、ご紹介します。第1章に「理系に強い子」はここが違う、という内容があります。 読んでみると、私の子ども時代によく当てはまりました。 また、夫に「理系の子は〇〇って。どうやった~?」と確認すると、ここの説明は笑ってしまうくらい私たち夫婦のいずれ
子どもの遊び

子ども(小1)がルービックキューブ一面を最短30秒以内で揃えるようになりました。

昨日から続くルービックキューブネタです。 子どもがルービックキューブにはまっています。 学童(放課後クラブ)から帰宅度に、子ども(小1)が最短で30秒で一面を揃えました。 夫は、一面をそろえるまでの時間が、1分~2分で安定しています。子どもは、30秒~3分とバラつきがあります。 昨夜だけで、30回くらいは競争していると
子どもの遊び

子ども(小1)がルービックキューブの一面を1~3分で揃えるようになりました。

保育園年長の頃にルービックキューブにはまる6歳児(年長)を書きました。 あれから、ルービックキューブの2つ目を購入して、家族で時々遊んでいました。 GWくらいから気づいて、ここ1週間くらいの話ですが、子ども(小1)がルービックキューブの一面を1~3分で揃えるようになりました。
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました