小学3年生の子どもが好きなこと

学習漫画

半年ぶりに更新します。

昨日コメントをいただきまして、書いてみようと意欲がわきました。

最近は、在宅で仕事をしているのですが、仕事・家事・雑用で忙しくて、なかなかブログの更新までできませんでした。

しっかり書こうと思うと、時間がかかってしまうので、気楽に書こうと思います。(とは言っても、私の悪い癖で、書いているとだんだん熱中してして時間が経ってしまうのですが・・・。)

さて、うちの小学3年生の男子は、とても元気に過ごしております。

現在、彼は歴史大好き男子に成長しています。

歴史漫画を繰り返し繰り返し読んでおり、私が全く知らない細かい歴史のことをよく知っています。

家の中では暇さえあれば、読んでいます。

例えば、真田幸村の兄や父親の名前や、他の戦国武将とどんな関係だったか、何の戦いでどんな風に戦ったのか、真田十勇士は何をしていたのか、そのメンバーの名前、真田家の家紋の意味など・・・。

こういう細かいことが好きらしく、いろいろな武将についてよく知っています。

毎日「××の戦いでは、どちらが勝ったでしょう?!」などと問題をふっかけられていますが、全く答えられませんよ。

「え~!そんなことも知らんの?」と上から目線で、自慢げです。私に勝てるものができてとっても嬉しそう。

私は、今も昔も歴女ではないので、日本史の知識はほとんど中学生の教科書レベルのままです・・・。(教科書レベルはほぼマスターしていると思います。)

うちの小学3年生の子どもが読んでいる歴史漫画は、これです。

このタイムワープシリーズが大好きです。

戦国時代へタイムワープ (歴史漫画タイムワープシリーズ 通史編8)

チーム・ガリレオ 朝日新聞出版 2018-03-22
売り上げランキング : 21665

by ヨメレバ

ボックスでも買えます。

歴史漫画タイムワープシリーズ 通史編【全14巻セット】+ 別巻1冊セット

チーム・ガリレオ 朝日新聞出版 2018-03-22
売り上げランキング : 15288

by ヨメレバ

 


これもよく読んでいます。

学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット

小学館 小学館 2018-10-26
売り上げランキング : 1132

by ヨメレバ

こういう一人の歴史上の人物にスポットをあてた漫画も良く読んでいます。

織田信長: 天下統一をめざした武将 (学研まんがNEW日本の伝記)

山田 圭子 学研教育出版 2014-07-29
売り上げランキング : 51389

by ヨメレバ

 


 

 

母親が歴史好きではなくても、子どもは好きになるんだな~という不思議な感覚です。夫は、私よりは詳しいですが、わが子ほど詳しくはありません。

一方、私の父(子どもにとってのじぃちゃん)は歴史大好きです。

この前帰省した際に、子どもが、じぃちゃんに歴史問題を出して、じぃちゃんに答えられて、じぃちゃんになかなか知識で勝てませんでした。そこで、とっておきの難しい問題を繰り返し出して、私の父が降参していました・・・。「そんなことを知ってるんか?やるなぁ!」と言われて、嬉しそうにしていました。

 

この前は、「日本刀」というドキュメンタリー番組を見ていました。(Amazon Prime ビデオ)

刀匠(人間国宝)が刀をどうやって作っているのかとか(かなり詳細です)、名刀の紹介(どの武将がどんな合戦で用いたかなど)など、静かに淡々と続いていました。

「それ、面白い?」と聞いても、集中していたらしく、無言でず~っと最後まで見ていました。

今、うちの子どもの宝物は、お土産物ショップで買ってきた木刀。

本当は本物の日本刀が欲しい、と言っていましたが、買いません。模造刀も買いません。

家の中で振り回すに決まっているので、ダメです。

振り回さないという約束だったのに、木刀をさやから抜いて、見えない敵と戦っていたので、取り上げて手の届かないところに隠しました。

最初は、怒っていましたが、数日したら、手元に木刀がないことに慣れてしまい、今は押し入れの奥底に眠っています。

歴史熱はしばらく続きそうです。

歴史オタクですね。

対象は違いますが、私も私の両親もオタク気質なので、そこは受け継いでいるのかもしれません。

何のオタクであれ、はまると対象物にかなり詳しくなるので、きっとどこかで何かの役に立つと思います。

正直なところ、子どもが今やっていることがなんの役に立たなくても別にいいと思っています。

本人が楽しいなら、それで十分です。

楽しいと感じることがこの世界にある、ということが素晴らしいと思います。

コメント

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました